父子家庭で娘、それ私だ

子供の仕事を理解しよう。

[最終更新日]2016/12/24

ざっくり言うと

  • 子供の仕事はとてもシンプル
  • 「遊ぶ」「汚す」「壊す」
  • 実に非効率的な存在である。

子供の仕事はいつの時代も「やりたい放題」である。

もうこれに尽きる。

そしてこれが理解できたらもう何も怖くない。全てを受け入れられる。

子供はいつだって「やりたい放題」な存在で、人生の中で唯一それが許される時間が「子供時代」です。

だからやらせてあげた方が自然な気がしています。

秩序を教えるのはまだまだ先でいいと思うのです。

今、やりたい放題をさせてもらわないで、いつやるというのか。 林先生も言っています。

「いつやるの?今でしょ!」

「遊ぶ」「汚す」「壊す」の権化が子供。

秩序を覚えた社会的存在、つまりは「大人」として子供と接するのは最初はとても大変です。

何せ、大人とは全くの対極にある存在が子供だからです。

「オスワリ」のできる犬よりも性質が悪い。制御不能なミニゴジラです。

なので、制御しないこと。好きにさせる事。それが大人にとって一番の対処法だと思います。

  • 「遊ぶ」
  • 「汚す」
  • 「壊す」

が仕事の子供なのであれば、大人の仕事はその反対です。

  • 「一緒に遊ぶ or 見守る」
  • 「綺麗にする」
  • 「直す」
  • 但し、注意だけはする。(本当はこうすべき、という意識があれば良い)

子供がしでかした事の「尻拭い」を坦々とこなすだけ。

それが「大人(親)と子供」のあるべき姿な気がします。

 「躾」はずっと後でもいいと思う。

僕の様に子供の「やりたい放題」を是とする人もいれば、非とする人も沢山います。

それは選択の結果なのでどちらが正しいという話ではないのですが、僕はずっと後でも良いと思います。

「今しかできないこと」を大切にしてあげたいからです。

ただ、幼稚園の年長にあがっても「後片付け」が上手にできない、する気が無い子も実際にいます。

そういった子を目にした場合

  • 親が甘やかし過ぎている
  • 躾が行き届いていない

こういった判断をする保護者の方が多いと思いますが、僕は少し違う見方をしています。

  • 「親との接点が余り無い」
  • 「注意もしていない」

「後片付けができない」はただの結果であり、根っこの原因は「親子の信頼関係」の不足だと思っています。

親子の信頼関係がガッチリできれば躾はゆっくりでも十分だと思っています。

【追記】何してもニコニコ見守るわけではない。

基本的に「やりたい放題」を受け入れていますが、ニコニコして見てるだけではないです。

  • 後片付け
  • 手洗い
  • 諸々の後始末
  • 挨拶

等などのいわゆる「躾」と呼ばれる部分は「できなくても怒らない」ですが「次はしようね」といった言葉はかけます。

家ではしなくても許されるけど、本当はしないと駄目なんだな」と理解はしてもらいたいからです。

でないと本当に猿になってしまうw

日常的に意識づけができていれば、集団生活の場では案外できるもんです。

今の日本は小さなうちから

  • 「キチンとやるまで許さない」
  • 「やり直し」

な躾が多いのでそれとは別路線でやってます。

シングルパパ・ランキングを再開してみました。

「メールは恥ずかしいもん!」という方は是非応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ
にほんブログ村


シングルパパランキング

関連記事