父子家庭で娘、それ私だ

【放課後デイサービス伝記:2章】意見書の壁

[最終更新日]2020/03/06

一番の障壁と見なしていたお役所の担当さんがSSDクラスの処理速度を弾き出した。

もう邪魔するものはない。そんな風に勝ち誇って次に進んだものの。。。。

全然楽勝じゃなかった。

最も厄介だと思っていた役所系が一瞬で終わり、後は楽勝だと思っていたら全然違いました(T_T

中々うまくは回らないものです。

正攻法で行くことにした

残すは意見書。となったものの「意見書くれ」なんていきなり病院に行っても気味悪がられます。友達に頼む?いやどうせなら自分でキチンと取得したい。となると。。。。地域の掛かりつけ医か学校医かな。

役所によると欲しい意見書の内容は「Aさんはこんな状況だ、そしてAさんには療育が効果的と考えられる。」というものを1筆貰えたら条件クリアーとのこと。診断は不要、最悪は「Aさん」すら抜いた一般論としての医師の意見でも構わないとのこと。ここまで確認しておいた。驚いたのがA4コピー用紙に一筆でもいい。印鑑も無理なら不要。そこまで言ってもらえた。本当に形式上のものらしい。

  • 状況:学校が把握
  • 意見:学校医の判断

状況を把握している学校が学校医に状況を報告する、そして学校医がその報告をもとに「一般論」として意見書を書く。これが一番自然な流れかな。

これなら関わる誰もリスクを負う必要が無い。

思いがけず停滞する流れ

これで楽勝じゃん。そう思ってスクールカウンセラーさんに相談してみた。保険医の先生と懇意にしていたと聞いたからです。そっちから根回しした方が早い。「あの先生なら協力してくれるよ」とのこと。やったーと思いましたが。。。。

だがしかし、その保険医の先生は異動となっていました。今の校医は良く知らないとのこと。なんてこった。とはいえ仕方ありません。「連絡しようか?」と言ってくれましたが、前任者の意見書で動くと学校と現在の学校医に対して筋が通らないので一旦はその線は無しで。

なので学校側から現在の学校医へ繋いでもらおう。という訳でさっそく保健室の先生に聞いてみました。

良く知りません。話したことが余り無い。。

え?そういうもんなのか?じゃあ次!。そのまま教頭のもとへGO!こういうのは先手必勝です。校長に話を持ち込むのが手っ取り早いのですが相手も忙しい。ならば学校全体を管理している教頭が適任です。

いまいちノリが悪い学校

状況を説明して、学校医から意見書を一つ欲しいという話をする。すると教頭「う~ん、そんなのできるのかなぁ」とあんまり乗り気じゃない。役所にも確認済みだからできない理由が無い

何せ「承認側が受け入れ態勢を整えて待っている」状況なのです。

担当課との話はついています。

1から話をしても余りピンと来ていない様なので、とにかく学校医に娘の状況を伝えた上で繋いでほしいとお願いをしました。

「こんなのした事ないもんなぁ」とボヤきながらも繋いでくれました。教頭ありがとう。後はこっちでやるよ!

さぁ最後の仕上げだ!待ってろ意見書!

学校医はもっとノリが悪かった

ボヤく教頭に繋いでもらった学校医。こっちはもっとノリが悪かった。まぁいきなりの話ですから仕方ない。仕方ないのですが。。

  • 難しいです。
  • 診断ができない。
  • 専門科じゃないから。

この無限ループにはまりました。

  • 市の福祉課に確認済で向こうで書類を揃えて待っている。
  • 診断はいらない、学校医としての意見書でいい
  • 診断科は問わず、学校医という立場での意見書でいい

この説明を何度もしたが、それでも「難しい」と言われた。「何が難しいのか教えて欲しい、それをこちらで処理する」と伝えても「難しい」しか言わない。実質「嫌です」という答えだ。

無理なら「無理」と言質が欲しい。次に進めない

学校医が「無理」と言ってくれないと次の一手が打てません。何処に行っても「まずは学校医にお願いしてください」と言われてしまうからです。

そして学校医からの返事。

難しいですね

僕が一番苦手とするタイプでした。空気を読んで引き下がると無限ループにはまるのはこちらです。

と思っても永遠の沈黙。こりゃ駄目だなぁと思い取り合えず役所へ連絡をしました。

意見書ちょっと手こずりそうです。

こっちで説明するから先生に繋いでちょ

この担当課の人、行動力凄い。本気で我が社に欲しい。

立場上、役所から電話を繋ぐと「個別対応」になる為できないそうで、僕が役所と電話を繋ぎ、その電話に先生を出したら「理屈上はセーフ」だそうです。最強の公務員がここにいた。

それを学校医に伝える僕。そして返答をする学校医

難しいですね

何だこの差は(笑 「厄介ごとに巻き込まんといて」臭が凄い。

こちとら学校医だから頼んでいるのにそりゃないんじゃないのと思いました。だが仕方ありません。

紙っぺら一枚で物事がストップされるのはいつになっても嫌なもんです。稟議書のハンコ集めをしている気分になります。

さぁどうする!考えるんだ!

>>【放課後デイサービス伝記:3章】へ

関連記事