父子家庭で娘、それ私だ

感謝しつつも撤退

[最終更新日]2020/01/04

僕は自分で決めて前に進みたい

スクールBは僕が自分で探し、見つけ、選んでここに来た。「それが必要かどうか」の意見は求めても決断をするのは常に自分でありたいのだ。これは結果責任を負う為に必要な事だと考えている。「これも必要だから買い足して」と言われても「ハイ、わかりました」とはならない。

子供は楽しんでいる。環境的にも申し分ない。だが、その運営方針がどうしても納得いかないのだ。ユーザー側が自由に選択できなくて何の為のオプションプランか。それなら最初からまとめた金額で「うちはこういう形です」と言ってもらった方が良かった。後出しジャンケンは生理的に無理なのだ。信用にヒビが入る。離婚の主な原因の1つも「後出しじゃんけん」だったくらいだ。

このタイミングで在籍校へ完全復帰

結局はそこでスクールBは終了、在籍校へ完全復帰する流れとなった。終わり方は余りスマートでは無かったけれど、タイミング的には良かったのかもしれない。何故なら娘の口から「スクールBの日も学校に行きたい。友達と遊びたい」という言葉が出始めていたからだ。

その時点では「年末」を一区切りにしようと思っていた。ただ、夏休み明けはもう「義理登校」だなという認識だった。

導いて欲しい親には最高の場所だった

このスクールBは「もう、どうしていいかわからない」と暗闇の中で苦しんでいる保護者には最高の場所になる。親身になって論理的に導いてくれる。それは間違いない。

ただ、僕の様に「この部分を補って欲しい」という要求になると結構辛い。「うちはここまでで十分」という線引きが結局は難しいからである。「お父さんには見えていない」という議論が始まる。

でも、僕個人としては感謝しかない。父親では難しい部分を見事に補ってくれた。「女性」との家庭的な関わり方が娘には貴重な経験になり、自然豊かな環境での療育は娘を爆発的に成長させてくれた。

それぞれが色々抱えていた

ここのフリースクールは「学校に馴染めなかった」子が辿り着くケースが多い様だった。理由はそれぞれ。いわゆる「困りごと」を抱えている子達が少しずつ成長をしていく為の場所。同じ状況でもプロセスはそれぞれ違うので、互いに学び合えば良いなと思っていた。

実際、娘は他の子達から良い影響を沢山受け、他の子達もまた娘から色んなものを吸収してくれていた様だ。僕はこういった事の方が「本当の人間教育」だと思っている。娘も楽しんでいるし僕自身も納得している。

そう「上位プラン」の話が無ければきっと週2が週1になり、最後は時々の参加にはなっていたろうが、繋がりは続いていたと思う。だが仕方ない。経営には数字もつきものなのだから。その事情はわかるつもりだ。

経営者としてタイミングや伝え方は本当に難しいと学んだ。

娘の復帰

娘は夏休みの少し前に完全に在籍校へと復帰した。クラス復帰は普通にできていたので、息切れ防止として「一部授業抜け」を取り入れた。別室は正直マイナスしか無いと感じていたので僕がその時間は回収するという流れだ。

正直、結構きついが「娘との時間」と割り切るしかない。今はきっとそういう時期なのだろう。

フリースクールB篇【完】

関連記事