父子家庭で娘、それ私だ

体験3日目【フリースクールA編】

[最終更新日]2020/01/04

娘が分離できるとは思わないが、できたらできたでどうしようと思っていた体験3日目が始まった。

体験3日目が幕を開ける

結論から言うと駄目でした

娘は玄関で別れるのは怖いと言い「パパがいるから頑張れてるんだ」と言う。そうだよな、僕もそう思うしそれで十分だと思う。よく頑張った。今日を1日楽しんで終わりにしよう。

そうして最終日と僕が勝手に決めた体験3日目が幕を開けた

溜息で吹っ切れた

玄関での父子分離が失敗し、僕は普通に学内へと足を踏み入れた。無理させて悪かったなという気持ちで一杯だった。今日を最後にしようと思っていながら父子分離を試すという矛盾。僕自身も気持ちが曖昧になっていたんだろうと思う。「ひょっとしたら」と感じてもいたのかもしれない。なったらなったで「入るべきか否か」と悩む事になっただろうけど。

教室内で娘と一緒にいた僕を見て校長先生が取った行動。それだけは今も忘れない。

憮然とした表情で溜息

1mの距離でこれは単純に失礼だと思う。

僕は「父子分離できず申し訳ない」という気持ちがこの瞬間に吹き飛んだ。「ここに居ちゃ駄目だ」に変わったのだ。ここは違い過ぎる。

担任に謝罪し、学園長に謝罪。

決断をしたら後は行動あるのみ。娘の最適解を探す旅を続けなければ。

クラス担任に体験学習を切り上げる旨を伝え、謝罪と感謝を伝えて帰り支度を始めた。友達からの「また明日来るんだよね」という言葉に返す言葉が無かった。ごめんな、申し訳ない。

そのまま事務室に向かい学園長にも父子分離失敗の詫びと謝罪をする。そこで学園長からこう言葉を掛けられた。

「まぁ本人のペースでボチボチでいけたらね」

あれ?別クラスの先生や校長から伝えられた内容を学園長は知らない?本人のペースでは入学は無理と言われたぞ?校長の溜息からは「もうこの子(親?)は無理」という判断を感じ、学園長の表情・言葉からは「まだ3日あるから」という判断を感じる。

実際、体験を切り上げる旨を伝えたら「え?終わるの?」という驚いた顔をしていた。間違いない、知らないんだ。

思っている以上に中はバラバラなのか?それとも娘は扱いが難しそうだからと管理側が切りにかかったのか?それなら学園長が知らないのも納得はいく。が、今となってはどうでもいい。

感謝の気持ちを伝えて体験を切り上げる事をお詫びした。

こうして娘の体験入学は終了したのである。

娘はケロリ

娘はこのスクールAは相性が良かったみたいだ。というのも、まさかの同じ在籍校に所属している子もいたのだ。娘は僕以上に縁の引きが強い。積極性がある様な無い様な不思議な感じだが、気付けば周りに年齢問わず色んな人達が集まってくれる。

体験入学を通して沢山の初対面の子達と仲良く遊ぶ姿を見て安心した。娘の心は開いている。

>>次は「自然と療育を求めて

関連記事