父子家庭で娘、それ私だ

シンプルライフの導入

[最終更新日]2017/07/30

時間に追われる父子家庭にとって、シンプルライフの恩恵は計り知れません。

「時間節約の為に」という目的では中々難しいかもしれませんが、「シンプルライフっていいな」と前から思っていた場合は迷わず導入すべきだと思います。

シンプルライフのメリット

  1. 部屋がスッキリする。
  2. 掃除がとてもし易い
  3. 生活のリズムがシンプルになる。
  4. 無駄な動きが必要なくなる。
  5. お金が出ていかない。
  6. 娘との時間が確保できる。

ざっくり言うとこんな感じです。

①部屋がスッキリする。

僕は賃貸に住んでいますが、とにかく収納が無いのが賃貸のネックです。

部屋の広さを確保する為に収納が犠牲になっています。

なので、どうしても部屋に物が出ている状態となっていたのですが、思い切って使いそうで使わないおもちゃ関係は処分しました。

お陰で部屋がスッキリです。

娘も、あるならあるで「たまに」使っていたものの、無いなら無いで「使わない」みたいで、「何だ無くても良かったのか」と思ったものです。

子供がいるときに処分しようとすると「まだ使う」と絶対に宣言しますが、居ない間に隠しておくと「すっかり忘れている」ケースが9割です。

残りの1割はまだ使うので取っておきますが、9割は迷わず処分か譲りました。

部屋がとても広くて見渡せます。

②掃除がとてもし易い

部屋がスッキリするという事は、床やテーブルに物が出ていないということです。

つまりは掃除機を邪魔するものが存在しないということ。

もう滅茶苦茶掃除がしやすくなりました。

掃除の導線上に何か物があるかないかで、掃除のモチベーションが著しく変動します。

何故なら掃除機をかける前に「導線確保」という作業が入るからです。

最初から「導線確保」されている状態の部屋は、掃除を行う事に対しての抵抗感が全くありません。

サッと掃除機をかけてサッと掃除機をしまえます。

この「面倒くささ」を日常ルーチンから取り除くというのは、時間に追われる父子家庭にはとても大切な要素です。

③生活リズムがシンプルになる。

シンプル生活は「持たない生活」です。なので必然的に

  • 物を買う
  • 買った物を使う
  • 捨てるかどうか悩む
  • 取っておく or 捨てる

という日常のルーチンがそのまま省かれます。

他のシンプルライフがどういった形かは知りませんが、僕の場合は「あるもので組み立てる」という前提で生活を送っているので、思考もまたシンプルになります。

そうなると生活リズムも、生活も極めてシンプルになっていくのです。

「選択肢が限られる」というデメリットもあると思いますが「非生産的な選択肢は省く」というメリットだと受け止めています。

生活がシンプルになると、思考もシンプルになるのかもしれません。

④無駄な動きが必要なくなる。

物に溢れているとそれだけ思考が複雑化します。

選択肢に踊らされてしまうからです。

夕食の献立などは正にその典型だと思います。

「持たない暮らし」を実践する事で「そもそも悩む程の選択肢が無い」という状態になると悩む必要が無いのでとても生活が楽です。

考える必要が無いのです。

「生活感が無くなる」とも良く言われるのですが、僕はそもそも日本の「生活感のある暮らし」が既に贅沢過ぎると思っている方なので、余り気になりません。

これは食事に関してもそうです。

日本の食生活はもう「王侯貴族レベル」の贅沢さだと思っています。

でも、それが当たり前になっている僕らは「そんなバカな。セレブを見てみろ」と言ってしまうのですが、マクロで見てみればどっちもどっちな気がします。

「世界がもし100人の村だったら」の食事版って無いのかな?

毎日食事の内容がここまで違う村人って、多分数名レベルだと思いますよ。

⑤お金が出ていかない。

「持たない暮らし」の二大メリットの1つ。

持たないという事は「買わない」「増えない」「使わない」みたいなもので、新しく物が増えていきません。

増える時は何かが出ていく時です。

なので、基本的には固定費以外での出費は殆どありません。

結果的にお金が出て行かないです。

別にケチケチしてる訳でも節約をしている訳でもないんです。

ただ「必要だと思わないものにはお金を使わない」という当たり前の感覚で生活をしているだけ。

シンプルライフを実践していくと、本当に世の中の多くのものとの接点がみるみる減っていきます。

特に「コンビニを使わなくなる」のが大きな変化でしょうか。

お菓子とかジュースとか買わなくなるので「公共料金の支払い」とかでしか使わなくなりました。

スーパーでの買い物でも「ついで買い」が無くなるので清算金額が本当に少なくなりました。

いや、変わるもんですね、本当に。

⑥娘との時間が確保できる。

「持たない暮らし」の二大メリットの1つ。

こちらが最も僕にとっては大きなメリットです。

とにかく「娘との時間が確保できる」という事。

あれやこれやと煩わしいものを捨て去る事で、単純に「時間」というものが残ります。

「持たない暮らし」を進める中で「小さなロスタイム」がドンドンと集約され、最終的には小さくない「余剰時間」が残るのです。

この時間を使わない手は無いでしょう。僕の場合は二つに一つ。

  • 娘が起きてるなら遊ぶ。
  • 娘が寝てるなら勉強する。

この為の時間が確保されるだけでも、シンプルライフは実践する価値が十二分にあります。

シングルパパ・ランキングを再開してみました。

「メールは恥ずかしいもん!」という方は是非応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ
にほんブログ村


シングルパパランキング

関連記事