父子家庭で娘、それ私だ

ビタミングミ

[最終更新日]2016/12/24

ざっくり言うと

  • おやつ感覚で栄養補給。
  • 子供はやっぱり嫌がらない。
  • 豊富なパウダー食材が魅力的

間食の最終兵器。何処までも栄養重視。

栄養不足だけは絶対に防ぐ。

そう決めた僕にとってこれまた強い味方です。

ちょっとしたご褒美にあげています。

本来は1日3粒くらいがベースらしいんですが、そうなると100%の栄養素をグミから摂取する形になるので、僕は1日1粒だけです。それで十分。

ただし、味がかなりアメリカンなので好き嫌いははっきり出るかもしれません。

子供用と大人用はそんなに違わない。

後、サプリに限らずプロテインでもある「子供用か大人用か」の論争について。

よく「大人用をあげていたら身体に異常が出てきた、疾病が出てきたというデータがある」という意見があります。

あれは「与える量の問題」だと思って良いと思います。

恐らく「大人用を説明書通りの量で子供に与えた結果」でしょう。

「子供用は子供に合わせた形にカスタマイズされている」のは間違い無いですが、日本の栄養機能食品の場合は殆どが「ビタミンD・鉄・カルシウム」を強化しており、「脂肪・糖質」を減らしているといった形です。

選択肢は多い方が良いと思うのですが、「メーカー推奨量の半分くらいしか与えない」という僕にとってはダウンサイジングされている子供用よりも、大人用の方が都合が良いです。

ちなみに、僕が娘に出しているビタミングミの子供用と大人用の栄養比較です。

 

VA VC VD VE B1 B2 B3 B5 葉酸 B12 B7 B5 ヨウ素 亜鉛
子供 2500 60 100 15 0.75 0.85 10 2 400 6 300 5 75 7.5
大人 5000 75 600 22.5 0.75 0.85 10 3 400 12 300 10 150 7.5

 

実はあんまり変わらないんですね。大人も子供もそれぞれ1日3粒の話です。

僕は大人用を1日1粒だけなので、子供用の推奨値には遠く及びません。

過剰症の心配は無いというわけです。

僕がこのグミを選んだ理由

僕がこのグミを選んだ本当の理由。

それは含まれる栄養分ではありません。

含まれている食品パウダーが決め手でした。

成分表では申し訳なさそうに最後に書いています。

オーチャードフルーツ&ガーデン野菜ブレンド   150mg

(粉末ジュース:プラム、ナシ、リンゴ、ダイコン、イチゴ、キュウリ、トマト、クランベリー、チェリー、キャベツ、ニンジン、カリフラワー、ブルーベリー、ブドウ、アプリコット、パパイヤ、オレンジ、パイナップル、アスパラガス、ブロッコリー、ブリュッセルスプラウト、セロリ、インゲン、ホウレンソウ)、ザクロ(種子)、アサイーエキス(ヤシの実)

量的にはわずかですが、これだけの食材がしっかり入っているのでこっち目的で娘に与えています。

一応、26種類が入ってるそうな。

野菜禅食が45種類だから、娘は1日60品目を間接的に食べているのかw

まぁ、形はどうであれ多品種を口にするのは良いと思います。

食育は何も「舌からの味覚」だけでは無いでしょうしね。

1日1粒なら3ヶ月持つ。月額1,000円以下。

1ボトルあたり90粒入っていて、メーカーの推奨量は1日3粒。1か月分という事です。

ですが、僕は1日1粒で良いと思います。

購入金額は送料込で大体2,700円くらい。

となると1日1粒なら3ヶ月もち、コスト的には月額900円程度となります。安い。安過ぎる。

こういった栄養補助食品は毎日続けて何ぼ、いわば「生活に溶け込ませる」必要があると思うので、これくらいのコストが丁度良いです。

シングルパパ・ランキングを再開してみました。

「メールは恥ずかしいもん!」という方は是非応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ
にほんブログ村


シングルパパランキング

関連記事