父子家庭で娘、それ私だ

歯磨きを知って子供の歯を守ろう

[最終更新日]2018/04/07

全国150万人のひとり親の皆さん、こんにちは。父子家庭共和国の国王です。

今回は歯磨きについてのお話になります。

ウィキによると「日本の虫歯の有病率は、先進国の中で最悪である」だそうです。虫歯も先進国病なのかな。

1日3回は別にいらない。

1日3回の歯磨きは「食後の歯磨き」として鉄板項目とされています。確かに口腔環境をベストにするにはそれが一番良いのかもしれませんが、正直そんな暇はありません。

なので、我々父子家庭は1日3回は気にしなくていいと思います。というか僕が小学生の時なんて昼の歯磨きは無かったぞ(笑) 今考えると何か変ですね。何で無かったんだろう。

歯磨きの意味を知る事から始めよう

歯磨きはもっとシンプルにいきましょう。これも効率化が必要なルーティンだと思います。そこでまずは色々と情報を集める事が重要になります。

そもそも何で歯磨きをするのか。そこを理解しておかないと「面倒な作業」にしかなりませんし「ブラシでゴシゴシしておけばいい」程度の認識になってしまいます。

という訳でまずは「虫歯の基本」について紹介します。

基本1:虫歯菌はまず安全地帯を作る

虫歯菌は口の中で好き勝手に増殖している訳ではありません。まずは増殖できる安全地帯を作る事から始めます。「プラーク」と呼ばれる塊、「バイオフィルム」と呼ばれる膜がそうです。

これらを「城壁」としてその内側でドンドン増殖をしていきます。正に「虫歯菌のかまくら」みたいなものです。

基本2:バイオフィルムを作らせなければ虫歯菌は怖くない

虫歯菌を除去する事が大事だと考えている人が多いですが、今の時代はまず無理です。どれだけ注意をしても「虫歯菌を持っている人」から普通に引っ越してきます。

親もそうですし友達だってそうです。

そんな不可能な事を追いかけるより「バイオフィルムを作らせない・維持させない」という事に集中しましょう。これは不可能ではありません。簡単です。

基本3:バイオフィルムを破壊する、それが「歯磨き」の目的

ここで歯磨きの意味が出てきます。「歯を磨く」のではなく「歯の表面についたバイオフィルムを壊す」事が歯磨き本来の目的なのです。

歯磨きは「歯をピカピカにする」というイメージがありますが、それはまるで「審美」の様な扱いを受けていると思います。

そうではなくて「歯の表面の膜を壊す」事が本来の役割で、「バイオフィルムが無くなった歯がピカピカツルツルしている」というだけなんですね。

バイオフィルムはゆっくり作られる

「バイオフィルムは食後8時間で生成され、48時間後に歯石化する」

引用元:http://www.period.tokyo/column/768/

専門家のあげる具体的な数字としてこんなものがあります。バイオフィルム自体は食後8時間で生成されるそうです。

こう考えるとバイオフィルム生成を妨げるなら「食後の歯磨き」は非常に裕子言うな手段と言えるでしょう。

最も大事なのは「バイオフィルムを維持させない」ということ

食後8時間でバイオフィルムが生成されるなら食後に歯磨きは必須となります。ですが、実際はバイオフィルムが形成されてからその中で細菌が酸を生成し続けるにはまだ時間があります。

その正確な時間については専門家でも結構バラバラみたいですが、平均すると大体食後24時間程度が目安のようです。

これを前提にするなら1日3回じゃなくても、朝晩の2回でも十分と言えます。

結論:朝晩の二回で歯磨きは十分

いきなり結論なのですが、歯磨きは朝晩の2回で十分です。昼にもした方が良いですが、それよりも「夜に徹底する」事の方が余程重要になります。

朝の歯磨き:夜の間に悪化した口腔環境をリセット

朝の歯磨きは「夜の間に菌が増殖した環境をリセットする」と考えましょう。睡眠中は唾液の分泌が少なく、細菌が繁殖しやすい状況です。朝起きたら口内環境は余り宜しくないと覚えておきましょう。

そんな状況の口内環境をリセットするのが朝の歯磨きの目的です。そういう意味では食前でも実は問題無いという事ですね。食後の方がより効率的なだけで。

夜の歯磨き:その日のプラークをリセット

夜の歯磨きは「今日1日のプラーク・バイオフィルムをリセット」する事が目的です。朝~昼~夜の間に溜まったプラークはバイオフィルムの形成に入ります。それをそのままにしていたら夜間の唾液が減少している時間帯に「ドンドン増殖」してしまうのです。

そこで睡眠前にしっかりと「1日の汚れ」を取り除き、睡眠中の口腔環境の悪化を防ぐことが夜の歯磨きの目的となります。

1日3回に拘るくらいなら1回に3倍の集中力を注ごう

「1日3回の歯磨き」「1回10分の歯磨き」など、「〇〇したから安心」という様な取り組み方をしている人が多いですが、それが虫歯を引き寄せる結果にもなりかねません。

1日何回であろうと、1回あたり何分であろうと、しっかり磨けていない限りは無意味です。それくらいなら1日1回で3倍の集中力で磨きましょう。夜寝る前に綺麗な口腔環境を作れたらそれでOKです。

起床してから18時間程度ではバイオフィルムは形成されても酸をじゃんじゃん生成している訳ではありません。

関連記事