父子家庭で娘、それ私だ

虫歯になりやすい6歳臼歯を虫歯から守る

[最終更新日]2018/04/07

全国150万人のひとり親の皆さん、こんにちは。父子家庭共和国の国王です。

今回は虫歯に非常になりやすい6歳臼歯についての紹介です。

6歳臼歯は虫歯になりやすい

昔は一番初めに生えてくる永久歯だったそうです。今は前歯の生え変わりの方が早くなってきたみたいで、順序が入れ替わってきています。人間の身体も時代と共に変わってきているみたいですね。

この6歳臼歯は下の奥に生えてくるので非常に歯磨きがしにくく、虫歯になりやすい部位になります。実際にここを虫歯にしてしまうケースは多いみたいで、歯科検診の度に「要注意ですよ!」と指導されます。

専用の歯ブラシを用意した方が無難

奥歯の歯磨きは「今使っている歯ブラシ」では仕切れいないと割り切った方が良いです。奥歯用の歯ブラシを用意して対応しましょう。それが一番確実です。

おススメ歯ブラシ1:先端が細いもの

 

もうこれで十分です。しっかり奥歯が磨けます。

おススメ歯ブラシ2:ヘッドが丸いもの

 

これも奥歯を磨くには最適な歯ブラシです。ヘッドが丸くて邪魔をしないので簡単に奥歯を磨けます。

後はしっかり磨いてあげるだけ

6歳臼歯はゆっくりと生えてくるので最初は磨きにくいと思います。そこはもう丁寧に磨くしかありません。永久歯は石灰化が十分ではないのでどうしても虫歯になりやすい状態にあります。ですので他の歯よりも丁寧に磨いてあげましょう。

関連記事