父子家庭で娘、それ私だ

ハリボーのクレイジーパイソンがスーパーから消えた!!

[最終更新日]2018/04/07

全国150万人のひとり親の皆さん、こんにちは。父子家庭共和国の国王です。

今日は娘の顎強化に必須だったハリボーグミの「クレイジーパイソン」がスーパーの棚から消えるという悲報をお届けします。

ある日、彼はいなくなった。

娘の顎強化として僕は「ハリボーグミ」を朝晩の食後に娘に出しています。ちょっとしたデザート感覚です。

日本の色んなハードグミも試してみたのですが、ハリボーグミには遠く及びませんでした。なので我が家はハリボーグミです。主に「クマ」と「ヘビ」です。

いつも近所のスーパーで「10袋」くらいまとめ買いをしてストックしていたのですが、12月にストックも切れたので補充をしようとスーパーへ行ったのです。

 

クレイジーパイソンがいない!

 

僕にとっては何の価値もない「カエル」やら「目玉焼き」等のグミはあるのに「ヘビ」が無い。余りにショックで5回は同じ棚を見直しました。

どうやら僕の中だけでのヒット作だったようです。

見た目は違うけど「どうみても同じ」グミがあった

ヘビが丸くなっていました。どうみてもグミの部分はヘビ。「クレイジーパイソンを丸めてみたよ」的なグミがありました。

このグミが新たなレギュラーメンバーとなった我が家です。

硬さはクマで、噛む楽しさはリングで

ハリボーグミで歯応えを求めるなら「クマ」がベストです。僕はあれで歯の詰め物が取れた。顎を強化するならあれでいいと思います。ただ、子供が「スルメ」をもぐもぐできるならそれが一番です。うちは駄目だったのでハリボーに辿り着きました。

「ヘビ」と今回の「リング」は比較的柔らかめです。ですがクチャクチャと何度も何度も「噛むしつこさ」はこちらの方が上です。「クマ」は砕ける感じがするので固いけど早いみたいな。

ヘビやリングは気持ち程度ですがソフトキャンディぽく「しつこい」です。それが狙いで異なる二種類のハリボーを娘に出しています。

ハリボーの硬さには理由がある

以下の文章は国内の代理店?をしている三菱食品からの拝借です。

僕が何処かで見た資料ではハリボーグミは「歯科医も関わって開発された、子供の顎強化を目的としたグミ」というものがありました。開発のきっかけが「社会問題化した子供の歯並び」だったとか。

ハリボー社のグミは他社製品に比べて硬めに作られています。その理由をご存じですか?ヨーロッパの人々は昔からあまり硬いものを食べる習慣がなく、咀嚼力が弱かったため、ハリボー社の創業者 Hans Riegelはグミによってそれを補いたいと考えたのです。

あごの強化はもちろん、肥満防止に役立つ、脳によい刺激を与えるなど、近年になって「噛む」ことのさまざまな効果が医学的に認められつつあります。Hans Riegelは、まさしく先見の明を持っていたのです。

引用元:http://www.mitsubishi-shokuhin.com/confectionery/haribo/

ウィキの方にはこんな情報もありました。

社名は「ハンス」(Hans)、「リーゲル」(Riegel)、「ボン」(Bonn)から語頭の2文字ずつを取って名付けられた。ハンス・リーゲルは子供の咀嚼力を強めるキャンディとしてグミを開発した。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%BC

関連記事