父子家庭で娘、それ私だ

父子家庭が語る父子家庭の恋愛について

[最終更新日]2016/12/24

ざっくり言うと

  • 出会いは「そうそう無い」と思った方がいい。
  • くれぐれも優先順位を間違えない事。

真面目に父子家庭が父子家庭の恋愛を考える。

父子家庭共和国で閲覧数三巨頭の一つ。

それは恋愛。

 

父子家庭には出会いはそうそう無い。

結論から言うと、本当に出会いは無いです。

バツ1の独身男性なら出会いは溢れていると思います。

でも父子家庭になると殆ど無いです。

 

理由①【家と職場の往復になる】

基本はこれです。

子供との時間を確保しようとすると、定時上がりを目標として、それが無理でもそれに近く、ととにかく帰宅時間を早くしようとします。

毎日「急いで帰る」状態になりますので、出会いもへったくれもありません。

その為、シングルパパは「mixi」や「gree」等の匿名性の高いSNSに顔を出す傾向がある様です。僕も参加したことがありますが、シングルコミュ、シングル恋愛コミュは結構盛んです。

あと、シングルママへのメッセージ攻撃も凄いそうです。

ちなみにFacebookは実名なので余り活発ではない人が多いみたいですね。

余談ですが、僕は参加してすぐ辞めました。何かが違うw

 

理由②【家事と育児で時間は溶けていく】

家と職場の往復で1日の時間は大半が消えます。

そこから残された僅かな時間は「家事・育児」で残らず溶けます。

シングルの自由時間は夜10時~11時頃からあればいい方ではないでしょうか。

そこから1時間程度を「自分の時間」として確保している人も多いです。

僕は1日8時間は寝たいので断念しましたT_T

 

理由③【シングルママは週末は子供と過ごす事が多い】

シングルママはシングルパパ以上に子供との時間を大切にしているケースが多いです。

なので、週末は「子供との時間」に費やされる事が多いと考えましょう。

週末に「子供含めて何処かに遊びに連れてって」の場合は恋愛よりも「子供の思い出作り」の為に協力してもらっている感覚が強い場合があるので「男の勘違い」に要注意です。

そもそも、子供が一緒だとお互いを知る事なんて無理です。無難な会話と相手の子供をあやすので精一杯でしょう。

というわけで、シングルママとシングルパパは週末の生活リズムが結構違うケースが多く、中々うまくいかないのです。

無理に摺り合わせると「日常」に響くので要注意。

優先順位を間違えないこと

「シングルパパあるある」なんですが、男である前に「父親」である事を忘れないようにしましょう。

子供の世話を最小限にして、自分の恋愛に走るシングルさんは見てきた限り本当に多いです。

その結果、子供の多くは愛情不足になっています。見ていてあれほど辛いものはない。

シングルという立場上「これを逃したら次は無い!」と思ってしまいがちで、意識が相手の方にばかり向いてしまいます。

子供は大人の視線・意識の矛先を「空気で読み取る生き物」です。

ですので、すぐバレます。

構って行動や言動に出てる間はまだ引き返せます。

でも、「諦め」が入ってしまった場合は元の信頼関係を取り返すのは本当に難しいです。

あくまで人生の中心は子供。

自分の時間は隙間時間で、という大前提を忘れないようにしましょう。

子供を引き取る時にした覚悟は生半可なものではなかったはずです。

シングルパパ・ランキングを再開してみました。

「メールは恥ずかしいもん!」という方は是非応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ
にほんブログ村


シングルパパランキング

関連記事