父子家庭で娘、それ私だ

父子家庭の一コマ:プリンパフェを購入できなかった娘

[最終更新日]2017/12/23

引用元:http://urx.mobi/HHRe

例によってお迎え時にコンビニに寄ろうとする娘

ある日、お迎えが遅れてしまいました。予定時刻を30分ほど過ぎてしまい、ギリギリの19時30分。こういう時は娘にとっては「チャンス」となる。

「遅れた事に対するケジメをつけなさい」

ここぞとばかりに言ってくる。

我が家で大事にしている事は色々あるのですが、最近は

  • 「言葉より行動」
  • 「選択と決断は自由」
  • 「結果に対して責任とケジメは取る」

この点を重視しています。

今回は「約束の時間に遅れた事へのケジメをつけろ」という事です。そして娘の要求は「コンビニに寄る」という事。この展開は園に入る前から読めていました。

ピザまんを買う、と宣言して向かった娘

「何か1つ好きなものを買っても構わない」

そう伝えたところ「ピザまんにする!」と店に入る前に宣言した娘。

まぁいつも通りの展開だなぁと店に入った途端に「プリンパフェにする」と計画変更。別にいいけど値段が3倍。遠慮のないやつめ。

土壇場でピザまんに変更した娘

プリンパフェを買うと宣言した娘。「店内調理の商品だから自分で注文しないと駄目だよね」という我ながら意味不明な理屈を使ってレジの練習をさせる事に。

モジモジする娘。そして意を決して注文をしたところ

「ピザまんください」

え?

何故か土壇場でプリンパフェは変更。珍しい事もあるもんだ。

変更の理由がユニークだった

どうしてプリンパフェをピザまんに変えたのか?不思議だったので娘に聞いてみたところ

「”まろやか”をつけないと駄目なのかどうかがわからなかった」

という点で迷っていたそうです。

確かに商品名は「まろやかプリンパフェ」ですが、取り敢えずつけておけば問題無いのに(笑

つけるべきか、つけないべきか。あのモジモジの間にはそんな葛藤があったのか。

今はまだ「どっちが正解か」で悩む娘ですが、親としては「どっちでもさして問題はない=些末な問題である

という観点に辿り着いてほしいなぁと思います。

関連記事